MENU
医学部・医学研究科紹介Faculty Introduction

教育・研究の目的と方針

  • 医学部
  • 医学研究科

教育研究上の目的

医学部では、順天堂大学医学部の使命の下で策定された各年次のカリキュラムを履修し、かつ定められた基準に合格することによって、順天堂大学医学部のコンピテンシーを身に付け、次の資質・能力を修得した者に対して学士(医学)の学位を授与します。
  1. 科学的根拠に基づいた医学・医療を行うための体系的な知識、確実な技術・技能及び適正な態度が身に付いている。
  2. 常に進歩する医学・医療を生涯にわたってアクティブに自学自習する不断前進の態度・習慣が身に付いている。
  3. 常に相手の立場に立って物事を考え、高い倫理観を持ち、人間として、医師・医学者として他を思いやり、慈しむ心(学是「仁」)が涵養されている。
  4. チーム医療・研究を円滑に遂行できる能力と習慣が身に付いている。
  5. グローバル化する国際社会における諸問題に多面的な視点から対処し、解決できる能力と未来を切り開く人間性溢れる豊かな教養が身に付いている。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

医学部では、順天堂大学医学部の使命の下で策定された各年次のカリキュラムを履修し、かつ定められた基準に合格することによって、順天堂大学医学部のコンピテンシーを身に付け、次の資質・能力を修得した者に対して学士(医学)の学位を授与します。
  1. 科学的根拠に基づいた医学・医療を行うための体系的な知識、確実な技術・技能及び適正な態度が身に付いている。
  2. 常に進歩する医学・医療を生涯にわたってアクティブに自学自習する不断前進の態度・習慣が身に付いている。
  3. 常に相手の立場に立って物事を考え、高い倫理観を持ち、人間として、医師・医学者として他を思いやり、慈しむ心(学是「仁」)が涵養されている。
  4. チーム医療・研究を円滑に遂行できる能力と習慣が身に付いている。
  5. グローバル化する国際社会における諸問題に多面的な視点から対処し、解決できる能力と未来を切り開く人間性溢れる豊かな教養が身に付いている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

順天堂大学医学部の使命の下で、卒前卒後の継ぎ目のない教育を目指し、順天堂大学医学部のコンピテンシーを身に付け、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力を修得するため、以下のとおり教育課程を編成・実施します。また、学修成果を適切に評価し、教育方法の改善を行います。
  1. 科学的根拠に基づいた医学・医療・研究を行うための体系的な知識、確実な技術・技能及び適正な態度を身に付けるため、1年次には自然科学と英語を中心とした基礎教育及び医療入門を提供します。また、特定の課題を少人数による議論と思考で進めるPBL(problem based learning)を行い、全学生のモチベーション及び課題探求力・分析的評価能力を向上させる場を提供します。1年次後半以降の専門科目においては、生命科学、基礎医学、臨床医学を関連づけ、体系的に学び、医学への探求心を養うため、臓器別・病態別の水平的・垂直的統合型カリキュラムを採用します。
  2. 3年次には、科学的思考能力を高め、医学における研究の重要性を理解し、生涯にわたってアクティブに自学自習する態度・習慣を涵養する小グループ制の基礎ゼミナールを設定します。将来、研究者を目指す者に対しては、研究医を養成するコースを設けます。
  3. 常に相手の立場に立って物事を考え、人間として、医療人として他を思いやり、慈しむ心、即ち学是「仁」の心を涵養するため、1年生全員を学生寮に約1年間入寮させ、集団の中での個の確立と、学是「仁」の涵養を寮生として実践実習します。
  4. 入学後の早い時期から病院見学、看護実習、施設実習、医療体験実習、診察技法実習、基本手技実習、救急医学実習等の体験実習を行います。医療職の一員として医療の現場に参画することにより、保健医療制度を理解し、多様な職種の専門家との連携や共同作業を行えるコミュニケーション能力の涵養を目指します。特に、4年次後半からの本格的な臨床実習では、それぞれ特徴的な機能を持つ医学部附属6病院で患者を受け持ち、実際に医療チームに加わることにより、臨床能力を身に付ける教育を行います。
  5. 国際社会で活躍できる能力、豊かな教養を養うため、教養教育を重視するとともに、TOEFL・IELTSなど実践英語を高学年まで課します。5、6年次の臨床実習では、海外での実習機会(2~8 週間、留学先は自ら選べる)を提供し、国際的視野を獲得する場を提供します。
学修成果は、授業科目の修得状況による客観的評価、コンピテンシーの項目群を学生が参照し、定期的に自己のパフォーマンスを評価する主観的評価によって、包括的に評価します。各科目のコンピテンシー達成レベルはシラバス等に明示します。
評価結果を活用し、カリキュラムの自己点検・評価を行います。内部質保証の維持、向上のため、第三者の視点を踏まえ、カリキュラムの自己点検・評価を定期的に行い、教育方法の改善につなげていきます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

求める学生像

医学部では、医学・医療の知識・技能のみならず豊かな感性と教養を持ち、国際社会や地域社会に貢献し、未来を拓く人間性溢れる医師・医学者を養成するため、次のような学生を求めます。
  1. 一人の人間として、人間と自然を愛し、相手の立場に立つ思いやりと高い倫理観を有する人
  2. 幅広い人間性、柔軟性と協調性を備えた基本的なコミュニケーション能力を有する人
  3. 自ら課題を発掘し、知的好奇心を持って、課題解決に取り組む主体性を有する人
  4. 国際的な視点から医学・医療の進歩に貢献しようとする熱意を有する人
  5. 入学後も、自己啓発・自己学習・自己の健康増進を継続する意欲を有する人

大学入学までに身に付けておくべき教科・科目等

医学部では、大学入学までに高等学校等において、次の教科・科目等を身に付けておくことが望まれます。
  1. 理科:物理、化学、生物についての十分な知識と科学的な思考力・探究心
  2. 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学 A、数学 B についての十分な知識と論理的思考力
  3. 英語:国際社会で活躍するための基礎的なコミュニケーション能力、十分な読解力、表現力、思考力、会話能力、言語や文化についての理解、TOEFL-iBT 68 点程度/IELTS 6.0 程度、もしくは同等水準の英語能力
  4. 国語:十分な文章読解力、文章構成力、論理的表現力
  5. 地理歴史・公民:世界史 B、日本史 B、地理 B、現代社会、倫理、政治・経済についての基礎的な知識
  6. 特別活動及び課外活動等を通じた主体性、協調性、思いやり、奉仕の心

入学者選抜の基本方針

医学部では、医師・医学者になろうと努力する学生に対し、6年間で卒業し、ストレートで医師国家試験に合格させるよう教育しますが、単に医師国家試験合格だけを目指すのではなく、国家試験をものともしない、知性と教養と感性溢れる医師・医学者を養成するため、入学者選抜方法として、学力試験のみならず、受験生の感性や医師・医学者となるべき人物・識見・教養を見極めるために、小論文試験・面接試験を課し、また、小中高に至る活動を知る資料の提出により、総合的な判定に基づき、入学者を選抜します。

教育研究上の目的

医科学専攻(修士課程)

修士課程は、医学以外の教育を受けた学生を受け入れ、医学・生命科学・医療学の知識を系統的に修得できるカリキュラムのもと、創造的で幅広い視野を持ち、生涯にわたって医科学と向き合う姿勢、能力を涵養する教育、研究の場であり、本学の学是「仁」の精神―常に相手の立場にたって物事を考え、他を思いやり、慈しむ心を兼ね備えた“志高き医学・医療の研究者・高度専門職業人”を育成することを教育研究上の目的とする。

医学専攻(博士課程)

博士課程は、医学を人間に関する総合科学と位置づけ、不断前進する医学的知識・技術を理解、実践し、更にはこれを自ら更新する能力を修学する教育・研究の場であり、常に相手の立場にたって物事を考え、人間として、あるいは医学者として他を思いやり、慈しむ心、これ即ち学是、「仁」の心を兼ね備えた医学・医療の指導者・実践者を国際的レベルで育成する教育研究の拠点である。
このような基本理念に立脚して、生涯にわたって医学と向き合う姿勢をもった基礎医学者と臨床医学者、あるいはその両方を兼ね備えた Physician-Scientist、究極的には心身共に病める人々を救済する“志高き医師・医学者”を育成することを教育研究上の目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

医科学専攻(修士課程)

標準修業年限(2年)在籍し、課程設置の趣旨と人材養成目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数以上を修得し、次の資質・能力を身に付けるとともに、研究科が行う修士論文の審査及び試験に合格した者に対し、修士(医科学)の学位を授与します。
  1. 医科学分野における十分な基礎知識の修得
  2. 医科学分野の研究を遂行する能力や高度の専門性を求められる職業等に必要な能力及び強い責任感と高い倫理観
  3. 知識の専門性を高め、基礎及び応用医科学研究の幅を広げながら研究成果を発信できる能力

医学専攻(博士課程)

標準修業年限(4年)在籍して、体系的教育コースであるコアプログラム(基礎教育、実践教育、レクチャーシリーズ)及び専門領域における研究指導コースである専門プログラム(専門コース、専門研究)合計で30単位以上を修得し、次の資質・能力を身に付けるとともに、査読のある国際的学術誌に筆頭著者として公表する原著論文についての学位審査及び最終試験に合格した者に対し、博士(医学)の学位を授与します。ただし、評価の高い国際雑誌に論文を発表し、高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を確認できた場合には、3年次に学位試験を受験することができます。
  1. 基礎医学研究及び臨床医学研究に必要な幅広い研究領域の知識・技能及び研究を企画・遂行できる能力
  2. 大学院生が希望する研究領域の研究において、専門的知識・技能を駆使し自ら研究プロジェクトを遂行できる能力、同時に研究の本質を見極める判断力、独創的な発想、強い責任感と高い倫理観及び新たな分野を切り拓く能力
  3. 国際的視野を持ち、研究成果を国際的に発信し当該分野の研究の発展に貢献できる能力や高度の専門性を求められる職業等に活かし指導的役割を果たす能力

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

医科学専攻(修士課程)

本専攻においては、医学分野以外の教育を受けた学生・社会人・外国人などに対し、医科学の基礎的知識を身に付け、更に専門的研究力を身に付けるための教育課程を編成します。
  1. 基礎教育科目
    医科学分野の基礎的知識を修得し、のちに専門的研究力を身に付けるために必要となる基礎的な能力を修得するカリキュラムを編成します。
  2. 専門教育科目
    医療関連企業従事者、病院勤務者、大学・研究所勤務者などが、それぞれのキャリア・興味・関心に応じて、自らに不足している高度な専門的知識・技能及び研究を遂行できる能力を修得する授業を展開するとともに、研究者や高度専門職業人に求められる判断力、強い責任感及び高い倫理観を育むカリキュラムを編成します。
  3. 特別研究科目
    研究計画書に基づいて研究を遂行し、厳格な評価の下、研究成果の中間発表、修士論文の審査及び試験を適切に実施します。それらの評価結果の活用を通じて教育方法の改善を図ります。

医学専攻(博士課程)

本専攻においては、研究者に必要な基礎的能力を養うコアプログラムと、それを応用する方法を学ぶ専門プログラムからなる教育課程を編成します。
  1. コアプログラム
    • ①基礎教育[Unit1]
      博士課程における導入教育として、Basic Course(研究手法の原理・科学的思考法などの医学者に必要とされる基礎知識)、Research Support Course(実験方法や解析方法の基礎的知識)、Advanced Course(研究プロジェクト遂行と学位論文作成のための基礎教育)の3科目で構成されるカリキュラムを編成します。
    • ②実践教育[Unit2]
      基礎医学・臨床医学融合型のコースワーク(講義・演習・実習を組み合わせた授業)を編成します。大学院生個々のキャリアパスに応じて複数のテーマからコースを選択することができ、実践的な研究遂行能力を育成します。
    • ③レクチャーシリーズ[Unit3]
      大学院生が所属する教育研究分野に関連する領域の研究を幅広く学修し、豊かな教養の涵養と国際的通用性を身につけるカリキュラムです。大学院特別講義(英語による講義を含む)、Current Topics(学内で開催される最先端の医学・医療セミナー)及びE-learning等のコースワークを編成します。 
  2. 専門プログラム
    ①専門コース(講義・演習・実験実習)[Unit4]
    ②専門研究(論文・研究指導)[Unit5]
    専門プログラムは、専門コース(講義・演習・実験実習)と専門研究(論文・研究指導)で編成され、研究者養成(基礎系・臨床系)、高度臨床専門家養成(臨床研究)を目的としたプログラムです。大学院生が所属する教育研究分野の研究室における個人指導によって、自ら研究プロジェクトを遂行し、研究の本質を見極める判断力、独創的な発想、強い責任感と高い倫理観及び新たな分野を切り開く能力を修得するプログラムを編成します。
  3. 研究遂行・成果発表
    研究計画書に基づいて研究を遂行し、3年次後半に学位論文の研究に関する研究成果の中間発表を行います。中間発表は抄録作成・口頭発表ともに英語で行い、英文による論文作成を指導します。審査員による評価と助言を受けると同時に研究の進捗状況が研究科委員会に報告されます。それらの評価結果の活用を通じて教育方法の改善を図ります。

以上のような大学院教育によって、生涯にわたって医学と向き合う姿勢を持った基礎医学者や臨床医学者、及びその両方を兼ね備えたPhysician-Scientist、究極的には心身共に病める人々を救済する“志高き医師・医学者”を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

医科学専攻(修士課程)

入学者受入れ方針

本専攻は、医学分野以外の教育を受けた学生・社会人・外国人などに対して、基礎的な医学・生命科学・医療学・病院管理学・医学教育学・スポートロジーなどを体系的に修得できるようにします。医学・医療の基本的な知識と研究能力を礎として、創造的で幅広い視野を持ち、生涯にわたって医科学と向き合う姿勢を持ち続け、「仁」の心を兼ね備えた“志高き医学・医療の研究者・高度専門職業人”を育成するため、次のような志ある人物を求めます。

求める学生像

  1. 医学・医療の各分野において真摯に研究に取り組み、自らの持つ感性と倫理観を絶えず磨いていく意欲の高い人
  2. 知的好奇心に富み、論理的な分析力、粘り強い行動力や協調性を有し、医学・医療の各分野で活躍できる人
  3. 医科学分野において研究成果の応用を通じて地域・社会に貢献しようとする志のある人
  4. 入学後の研究ビジョンがあり、継続的に自己研鑽に励み、外国語を含むコミュニケーション能力を身に付け、新たなことに挑戦しようとする強い意志と意欲を持つ人

医学専攻(博士課程)

入学者受入れ方針

本専攻は、医学を人間に関する総合科学と位置づけ、不断前進する医学的知識・技術を理解、修得、実践し、更にはこれを自ら更新する能力を修学する教育・研究の場です。そして、常に相手の立場にたって物事を考え、人間として、あるいは医学者として他を思いやり、慈しむ心、これ即ち学是、「仁」の心を兼ね備えた医学・医療の指導者・実践者を国際的レベルで育成する教育研究の拠点でもあります。このような基本理念に立脚して、生涯にわたって医学と向き合う姿勢をもった基礎医学者と臨床医学者、あるいはその両者を兼ね備えた Physician-Scientist、究極的には心身共に病める人々を救済する“志高き医師・医学者”を育成するため、次のような人物を求めます。

求める学生像

  1. 不断前進する医学を、生涯にわたってキャッチ・アップし、アクティブに学習し、正すべきは正し、新しい知識・技術を理解、修得、実践する能力の涵養を志す人
  2. 自立した研究者として先進的な医学を追及し、高度な知性と技能、外国語を含むコミュニケーション能力を磨き続け、学術の進展に貢献するとともに世界に飛躍しようとする熱意のある人
  3. 人間に関する総合科学である医学と常に向き合う姿勢と研究的な視点を備え、社会に貢献しようとする志のある人
  4. 入学後も継続的に自己研鑽に励み、若い情熱とエネルギーも持って新たなことに挑戦しようとする強い意志と意欲がある人