MENU
教育Education

公衆衛生学・グローバルヘルス

公衆衛生学・グローバルヘルス 学位プログラム

 公衆衛生学コースでは、疫学、生物統計学、社会科学・行動学、保健行政・医療管理学などを修め、臨床研究を実施するための実務・運営能力を身につけた高度専門職業人及び保健施策、健康指導、国際保健活動などグローバルヘルスの現場に必要とされる実践的能力を持った専門家等を養成します。
 地球環境の変化、エネルギー・食料・水の確保、人口の構造変化、急速な都市化、貿易のグローバル化、国際感染症、IT・AIなどの新しいテクノロジーの加速度的進展などは人々の健康に大きなインパクトを与えています。地球規模で人々の健康に影響を与える要因を分析し、課題解決に取り組むために、公衆衛生学の学際的な知識の上に、科学的根拠に基づいて保健施策、健康指導、国際保健活動などを海外でのフィールドワーク演習を含め実践的に学び、グローバルヘルスの現場に必要とされる実践的能力を持った専門家として必要な幅広い知識と技能を修得します。
コース修了者は、日本国内のみならず、世界保健機関(WHO)などの国際機関やNGO、医療研究機関、官公庁など幅広く活動することが期待されます。
コース名公衆衛生学コース
学位プログラム名公衆衛生学・グローバルヘルス 学位プログラム
取得できる学位の種類修士(公衆衛生学)

選択可能分野 (大学院生が所属する教育研究分野)

  • 公衆衛生学
  • グローバルヘルスリサーチ

教育プログラム:履修モデル概略図

履修モデル図_公衆衛生学・グローバルヘルス

公衆衛生学・グローバルヘルス 学位プログラム

基礎教育科目
専門教育科目
特論科目
研究指導科目

教育プログラム:授業科目一覧

基礎教育科目

科目区分授業科目必修/選択単位数
公衆衛生学共通基礎疫学必修2
基礎生物統計学必修2
産業環境保健学概論(環境保健・産業保健)必修1
健康行動科学概論必修1
医療保健福祉法・政策概論必修1
医療倫理学必修2

専門教育科目

科目区分授業科目必修/選択単位数
疫学臨床疫学選択2
臨床試験概論選択1
疫学研究デザイン演習a選択1
生物統計学応用生物統計学選択2
疫学研究データ管理学選択1
医療情報学選択1
臨床遺伝学概論選択1
遺伝サービス情報学選択1
データ解析演習a選択2
医療情報学演習選択1
保健政策・医療管理学公共政策学a選択1
医療経済・経営学選択1
医療管理・安全学選択1
グローバルヘルスグローバルヘルス概論a, b必須2
グローバルヘルス演習(フィールドワーク)b選択2
国際保健学b選択2
国際感染症学選択1
グローバルヘルスセミナー選択2
国際母子保健学選択1
国際老年政策学選択1
健康行動科学ヘルスプロモーション選択2
ヘルスコミュニケーション選択1
精神保健学選択1
医療カウンセリング概論選択1
健康行動科学演習a選択1
産業・環境保健学環境保健学選択1
産業保健学選択1
産業保健関連法規選択1
産業保健学演習選択1

特論科目

授業科目必修/選択単位数
公衆衛生学特論Ⅰ必修1
公衆衛生学特論Ⅱ必修1
※衛生学・公衆衛生学分野の合同ゼミナールです。

研究指導科目

授業科目必修/選択単位数
公衆衛生学・グローバルヘルス研究Ⅰ必修1
公衆衛生学・グローバルヘルス研究Ⅱ必修4
※所属する研究分野(公衆衛生学、又は、グローバルヘルスリサーチ)が開講する特別研究科目を履修する。研究分野は、入学出願時に選択する必要があります。

修了要件及び履修方法

基礎教育科目9単位(必修)、専門教育科目から16単位以上(必修科目有)、特論科目2単位(必修)、研究指導科目5単位(必修)、計32単位以上を修得し、必要な論文指導を受け、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
a)公衆衛生学必修
b)グローバルヘルス必修
※ 医療系(医学部・看護学部・歯学部・薬学部等)出身者でない場合、医科学コース開講科目から医科学概論Ⅱ(人体機能構造学)、医科学概論Ⅲ(内科系分野)の履修を必修とする。上記以外で「医療系」出身者として認定を希望する場合は、入学時に申請が必要である。
授業科目必修/選択単位数備考
医科学概論Ⅱ(人体機能構造学)必修2・修了要件となる単位数には含めない
医科学概論Ⅲ(内科系分野)必修2