MENU
教育Education

【公衆衛生学コース】ヘルスコミュニケーション学位プログラム

ヘルスコミュニケーション 学位プログラム

人材養成の目的

ヘルスコミュニケーション学位プログラムでは、厚生労働省の医療通訳養成カリキュラムに基づく認定医療通訳者養成講座を修め、医療通訳に必要な専門的知識、技法を体得し、医療通訳を必要としている患者や家族に適切な支援を提供して、医療者と患者間のコミュニケーションを支援する、医療通訳に重要な役割を果たす人材を養成します。
コース名公衆衛生学コース
プログラム名ヘルスコミュニケーション 学位プログラム
取得できる学位の種類修士(公衆衛生学)
ヘルスコミュニケーション プログラムの取得学位変更について(2023年4月入学より)

 本学大学院医学研究科医科学専攻(修士課程)では、2023(令和5)年4月入学者からヘルスコミュニケーションの学位プログラムを修了した者に対して、国際通用性の高い修士(公衆衛生学)(Master of Public Health: MPH)を授与することといたしました。授与学位の変更に伴い、開講する授業科目も公衆衛生学関連の科目に変更されます。

※2022年4月以前のヘルスコミュニケーションプログラム入学者は従来通り「修士(医科学)」が授与されます。

特徴

  • 本コースは、専門教育機関として厚生労働省の「医療通訳育成カリキュラム基準」に準拠し、医療通訳技能認定試験の受験資格を得ることができるカリキュラムとして認定を受けた医療通訳者養成課程です。大学で医学関連科目を学んでいない方は、医学の基礎知識を一般教育科目として履修することで、認定医療通訳者として必要となる専門的な知識・技術を習得できるカリキュラム構成となっています。
  • 本コースは一般財団法人 日本医療教育財団の認可申請を受けており、修了者は日本医療教育財団が実施する医療通訳技能認定試験の基礎・専門試験の受験資格を得ることができます。
    (参考)一般財団法人 日本医療教育財団 医療通訳技能認定試験
受験資格承認試験・医療通訳基礎技能認定試験
・医療通訳専門技能認定試験
対象言語・英語、中国語

大学院生が所属する教育研究分野

  • 医療通訳 分野
    (大学院生の所属先正式名称)
     医学研究科 医科学専攻 修士課程 医療通訳

授業科目一覧

基礎教育科目

科目区分授業科目単位数必修/選択
公衆衛生学共通基礎疫学2必修
基礎生物統計学2必修
産業環境保健学概論(環境保健・産業保健)1必修
健康行動科学概論1必修
医療保健福祉法・政策概論1必修
医療倫理学2必修

専門教育科目

科目区分授業科目単位数必修/選択
疫 学臨床疫学2選択
臨床試験概論1選択
疫学研究デザイン演習 1選択
生物統計学応用生物統計学2選択
疫学研究データ管理学1選択
医療情報学1選択
臨床遺伝学概論1選択
遺伝サービス情報学1選択
データ解析演習 2選択
医療情報学演習1選択
保健政策・医療管理学公共政策学 1選択
医療経済・経営学1選択
医療管理・安全学1選択
グローバルヘルスグローバルヘルス概論2選択
グローバルヘルス演習(フィールドワーク)2選択
国際保健学2選択
国際感染症学1必修
グローバルヘルスセミナー2選択
国際母子保健学1選択
国際老年政策学1選択
健康行動科学ヘルスプロモーション2選択
ヘルスコミュニケーション1必修
精神保健学1選択
医療カウンセリング概論1選択
健康行動科学演習 1選択
産業・環境保健学環境保健学1選択
産業保健学1選択
産業保健関連法規1選択
産業保健学演習1選択
医療通訳医療通訳概論2必修
医療通訳演習2必修
医療通訳病院実習2必修
健康と文化 ・ 社会1必修

特論科目

授業科目必修/選択単位数
公衆衛生学特論Ⅰ必修1
公衆衛生学特論Ⅱ必修1
※衛生学・公衆衛生学分野の合同ゼミナールです。

研究指導科目

授業科目必修/選択単位数
ヘルスコミュニケーション研究Ⅰ必修1
ヘルスコミュニケーション研究Ⅱ必修4
※所属する研究分野(医療通訳)が開講する特別研究科目を履修する。

修了要件

基礎教育科目11単位、専門教育科目15単位以上、研究指導科目4単位、計30単位以上を修得し、必要な論文指導を受け、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。

厚生労働省医療通訳養成カリキュラムに従い、CEFR B2(IELTS 5.5~6.5、TOEFL iBT 72~94、TOEIC L&R/S&W 1560~1840程度)の語学力を目安とします。

入学試験等について

受験までの流れ

1)事前面談の申し込み  (*入学試験の口述試験ではありません)
出願前には必ず事前面談をお願いしております。
詳細に関するお問い合わせやお申込みについては下記、医療通訳分野へお問い合わせください。

<連絡先>
担当:指導教員 大野直子 准教授
メール宛先:hcmedint★juntendo.ac.jp (★を@に変えてお送りください。)
メール件名:【事前面談希望】氏名○○○○
メール本文:
 (1)お名前
 (2)ご所属
 (3)ご連絡先(携帯番号)
 (4)面談希望日時(ある程度の期間・時間帯をご指定ください。例:●日から●日の午前中 など)
 (5)志望理由・問合せ内容 など
2)出願
学生募集要項をご確認頂き出願手続きを行ってください。
3)入学検定料のお振込み
指導教員から出願許可(捺印)をいただいた上で、出願期日までに入学検定料をお振込みいただき納入証明を教務課(大学院担当)までご提出ください。
4)入学試験(語学試験・口述試験)の受験
順天堂大学大学院医学研究科修士課程の募集要項をご覧ください。