MENU
教育Education

遺伝カウンセリングコース

遺伝カウンセリングコース

令和2(2020)年度より認定遺伝カウンセラー養成課程となる遺伝カウンセリングコースが新設されました。遺伝カウンセリングの実践に必要な専門的知識、カウンセリング理論と技法を体得し、遺伝医療を必要としている患者や家族に適切な遺伝情報や社会の支援体制などの情報を提供して、心理的、社会的サポ-トを通して当事者の自律的な意思決定を支援する、ゲノム医療に重要な役割を果たす人材を養成します。

大学院生が所属する教育研究分野

  • 臨床遺伝学

一般教育科目

授業科目遺伝カウンセラー
養成モデル
単位数
基礎医科学概論Ⅰ(生化学・生理学)2
基礎医科学概論Ⅱ(人体機能構造学)2
医科学研究方法論Ⅰ(医学研究デザイン・演習)1
基礎生物統計学(医療疫学と統計)2
健康行動科学概論1
臨床遺伝学1
ヘルスプロモーション2
医療コミュニケーション1
※認定遺伝カウンセラー®の専門研修を受ける前の該当科目は大学レベルの教育を受け単位取得していなければ必修

専門教育科目[22単位履修(必修)]

授業科目遺伝カウンセラー
養成モデル
単位数
基礎人類遺伝学(1)必修4
基礎人類遺伝学(2)必修2
臨床遺伝学(講義・演習)必修2
遺伝情報サービス学必修1
遺伝医療と社会必修2
遺伝医療と倫理(講義)必修2
遺伝医療と倫理(演習)必修1
医療カウンセリング概論必修1
遺伝カウンセリング学(講義)必修1
遺伝カウンセリング学(演習)必修2
遺伝カウンセリング実習必修4

特別研究科目[8単位履修(必修)]

授業科目遺伝カウンセラー
養成モデル
単位数
医科学特別研究(研究・論文指導)必修8
※所属する「臨床遺伝学」が開講する特別研究科目を履修する。

2021年度B日程の学生募集について

現在準備中。
A日程入試は終了いたしました。
遺伝カウンセリングコースに関しましては、A日程入試の選考結果次第では、B日程入試で募集を実施しない場合がございます。 情報が更新されるまでお待ちください。(11月更新予定)