MENU
教育Education

【公衆衛生学コース】クリニカル・トランスレーショナルサイエンス 学位プログラム

【公衆衛生学コース】
クリニカル・トランスレーショナルサイエンス 学位プログラム

公衆衛生学コースでは、疫学、生物統計学、社会科学・行動学、保健行政・医療管理学などを修め、臨床研究を実施するための実務・運営能力を身につけた高度専門職業人及び保健施策、健康指導、国際保健活動などグローバルヘルスの現場に必要とされる実践的能力を持った専門家等を養成します。
公衆衛生大学院の国際標準である「疫学、生物統計学、社会科学・行動科学、保健行政・医療管理学、国際保健・環境保健学」の5分野を体系的に学びます。その上で、臨床研究、疫学研究の研究デザインや統計解析の知識のみならず、臨床研究を実施するための実務・運営能力を身につけ高度専門職業人として必要な幅広い知識と技能を修得します。
コース修了者は、本学をはじめ臨床研究実施機関で、医療関係者と密な連携の下に、倫理観をもって質の高い研究の推進に貢献することを目指します。
コース名公衆衛生学コース
学位プログラム名クリニカル・トランスレーショナルサイエンス
取得できる学位の種類修士(公衆衛生学)

選択可能分野 (大学院生が所属する教育研究分野)

  • クリニカル・トランスレーショナルサイエンス

教育目標及び各ポリシー

【クリニカル・トランスレーショナルサイエンス学位プログラム】
 教育目標及び各ポリシー

教育研究上の目的

 順天堂大学及び医学研究科の教育目標に基づき、学位プログラム「クリニカル・トランスレーショナルサイエンス」では以下の通りに教育目標を定めています。
 近年、本邦の臨床研究力の低下が指摘されています。臨床医学コア・クリニカルジャーナル採択数は低迷し、欧米諸国に引き離されている現状があります。研究力低下を挽回すべく、本邦の臨床研究を取り巻く環境は、著しく変化してきています。平成27年4月には日本医療研究開発機構(AMED:Japan Agency for Medical Research and Development)が設立され、臨床研究の基盤整備が進み、医療研究の予算管理が一元化されました。また、国際水準の臨床研究や医師主導治験の中心的役割を担う病院として「臨床研究中核病院」が、医療法上に位置付けられました。
 そのような潮流において、アカデミアの現場では、質の高い「臨床研究者」および「臨床研究支援者」の養成が急務です。本邦の臨床研究力低迷の原因としては「臨床医(臨床研究者)」の統計学の知識不足、メディカルライティングの経験不足、研究デザインの体系的な学習機会が与えられていない等の要素が挙げられます。また、生物統計家、CRC(Clinical Research Coordinator)、モニター、プロジェクトマネージャー、データマネージャー等の「臨床研究支援者」の数も不十分です。
 本学の臨床研究支援体制は、平成30年1月1日に臨床研究支援センターから臨床研究・治験センターに組織が再編されるとともに、規模が拡充されました。また、令和2年3月には、国内13施設目、私立大学2施設目の「臨床研究中核病院」に認定されました。また、本学は、6附属病院を合わせると、約3,500病床(令和3年4月1日時点)、平均外来患者数約10,000人※、平均入院患者数約3,000人※と日本トップクラスの臨床実績を有しています。さらには、順天堂大学医学部附属順天堂医院は、平成27年12月に、医学教育とヒトに関する研究のプログラムを兼ね備えた大学病院の本院として、わが国で初めて「JCI(Joint Commission International)」による認証を取得しています。
※令和2年度データ

 本プログラムでは、令和3年6月時点で、「JCI」と「臨床研究中核病院」の両方を有する順天堂医院の豊富な臨床データおよび、充実した臨床研究支援組織(臨床研究・治験センター)を最大限に活用し、実践力を重視した、次のような「臨床研究支援者」を育成することを教育目標としています。
  • クリニカルクエスチョンの構造化、プロトコール作成、データマネジメント、モニタリング、統計解析等、臨床研究を支援する上で必要な、基本的知識、方法論、実践スキルに習熟した人材。
  • 臨床研究コーディネーター、生物統計、データマネジメント、モニタリング等の臨床研究支援業務を幅広く理解し、多職種連携を高めるチームマネジメント能力に優れた人材。
  • 臨床研究者の持つ視点を理解し、臨床研究者とのコミュニケーションを通じ、臨床研究者―支援者間の円滑な連携体制を構築できる人材。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

 学位プログラム「クリニカル・トランスレーショナルサイエンス」では、標準修業年限(2年)在籍し、教育目標に定める人材を育成するために設定した所要科目を履修して32単位以上を修得し、
 以下に示す医学研究に必要な倫理性と、専門性の高い知識と優れたコミュニケーション能力、国際性を身に付けるとともに、指導教員から必要な論文指導を受け、研究科が行う修士論文の審査及び最終試験に合格した者に対し、修士(公衆衛生学)(Master of Public Health: MPH)の学位を授与します。

修了時に修得しているべき資質・教養・社会性等
  • 臨床研究および臨床研究支援に関する幅広い知識と、根拠に基づく医療[EBM(Evidence-Based Medicine)]の深い知識を身に付けている。
  • 「臨床研究法」を理解し臨床研究に関する倫理的な問題を認識して適切に行動することができる。
  • 最新の臨床研究及び臨床研究支援に関する知識を獲得し、自らが直面する臨床研究支援上の問題に対し科学的根拠に自らの経験を加味し、問題解決を図ることができる。
  • 臨床研究を成功させるために、臨床研究者―支援者間の円滑な連携体制が必要不可欠であることを理解し、率先して臨床研究者-支援者間の橋渡しを実践する能力を有する。
  • 本邦のみならず、諸外国の臨床研究を取り巻く環境を理解し、世界の臨床研究に関する諸問題を理解することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 学位プログラム「クリニカル・トランスレーショナルサイエンス」では、学位授与の方針に掲げる知識・技術の修得を目指し、体系的な教育課程を編成し実施しております。また、授業科目の成績評価は、専門的知識・技術を発展的に活用できる能力を評価します。
 本プログラムでは、学位授与方針に掲げる高度な知識・技能を修得させるため、公衆衛生学の基礎的知識を身に付けた上で、更に専門的な知識・技能・研究力を身に付けるために体系的に教育課程を編成し、実施します。
  • 医学部等の医療系学部以外の出身者が、幅広く一般医学の基本的知識を身に付けることを目的として、医科学コースの必修科目の中から「医科学概論Ⅱ(人体機能構造学)」「医科学概論Ⅲ(内科系分野)」の履修を必須としています。
  • 基礎教育科目:
    クリニカル・トランスレーショナルサイエンスの基礎的知識を修得し、のちに専門的研究力を身に付けるために必要となる基礎的な能力を修得するカリキュラムを編成します。「公衆衛生」の基礎となる5分野である「疫学」「生物統計学」「健康行動科学」「保健政策・医療管理学」「産業・環境保健学」を必修科目としています。
  • 専門教育科目:
    疫学分野から「臨床疫学」「疫学研究デザイン演習」、生物統計学分野から「疫学研究データ管理学」「データ解析演習」、保健政策・医療管理学分野から「医療倫理学」の履修を必須としています。
  • 医学研究に必要な高度な倫理観と、安全に研究を行うための知識を身につけることを目的として「医療倫理学」を必修科目に位置付けています。
  • 本プログラムでは、令和3年6月時点で、私立医科大学としては数少ない「臨床研究中核病院」の承認を得ており、豊富な臨床データと、充実した臨床研究支援基盤を基に、各診療科に所属する臨床経験豊かな臨床医と連携した教育を実践します。
  • 研究指導科目:
    「クリニカル・トランスレーショナルサイエンス研究」を配置し、研究計画書に基づいて研究を遂行し、厳格な評価の下、研究成果の中間発表、修士論文の審査及び試験を基準に基づき適切に実施します。それらの評価結果の活用を通じて教育方法の改善を図ります。
  • 修士学位論文は「リサーチ・クエスチョンの質」「プレゼンテーションスキル」「質疑応答能力」に基づき、公正かつ厳正に審査します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

 学位プログラム「公衆衛生学・グローバルヘルス」では、教育目標に定める人材育成を目的とし、以下に示す資質・教養・社会性等の水準を満たし、次世代の公衆衛生を担う人材を受け入れます。

入学時に修得しているべき資質・教養・社会性等(求める学生像)
  • 公衆衛生学・グローバルヘルス学位プログラムの研究と実践の能力を修得するために必要な基礎及び専門的な知識や技能を有している。
  • 物事を多角的、かつ広い視野で見ることができ、柔軟な思考能力を身につけている。
  • 国内外の社会的健康課題に関心を持ち、不断前進の姿勢で、その解決を目指す意志を有している。
  • 協調性や柔軟性をもって異文化を理解しようとする姿勢を持ち、外国語を使って世界の人々とコミュニケーションがとれる。
入学者選抜の方針
  • 入学前に公衆衛生学コースが求める水準を満たしているかどうかを確認するために、語学試験及び面接試験を実施します。
  • 英語試験に関しては、TOEFL、TOEIC等のスコアを基準に、英語論文が理解できる能力を有するかどうかを判断します。
  • 語学試験で、修得しているべき知識・能力を有していると判断された者に対しては、面接試験のみ実施します。
  • 面接試験では、公衆衛生学コースに必要な目的意識と倫理性および積極的態度を有しているかについて、コミュニケーションを通じて判断します。さらには、自分の考えを適切に表現することができるかどうかについて、対話によるコミュニケーション能力を通じて評価します。

教育プログラム:履修モデル概略図

履修モデル図_クリニカル・トランスレーショナルサイエンス

クリニカル・トランスレーショナルサイエンス 学位プログラム

基礎教育科目
専門教育科目
特論科目
研究指導科目

教育プログラム:授業科目一覧

基礎教育科目

科目区分授業科目必修/選択単位数
公衆衛生学共通基礎疫学必修2
基礎生物統計学必修2
産業環境保健学概論(環境保健・産業保健)必修1
健康行動科学概論必修1
医療保健福祉法・政策概論必修1
医療倫理学必修2

専門教育科目

科目区分授業科目必修/選択単位数
疫学臨床疫学必修2
臨床試験概論選択1
疫学研究デザイン演習必修1
生物統計学応用生物統計学選択2
疫学研究データ管理学必修1
医療情報学選択1
臨床遺伝学概論選択1
遺伝サービス情報学選択1
データ解析演習必修2
医療情報学演習選択1
保健政策・医療管理学公共政策学選択1
医療経済・経営学選択1
医療管理・安全学選択1
グローバルヘルスグローバルヘルス概論選択2
グローバルヘルス演習(フィールドワーク)選択2
国際保健学選択2
国際感染症学選択1
グローバルヘルスセミナー選択2
国際母子保健学選択1
国際老年政策学選択1
健康行動科学ヘルスプロモーション選択2
ヘルスコミュニケーション選択1
精神保健学選択1
医療カウンセリング概論選択1
健康行動科学演習選択1
産業・環境保健学環境保健学選択1
産業保健学選択1
産業(環境)保健関連法規選択1
産業保健学演習選択1

特論科目

授業科目必須/選択単位数
公衆衛生学特論Ⅰ必修1
公衆衛生学特論Ⅱ必修1
※衛生学・公衆衛生学分野の合同ゼミナールです。

研究指導科目

授業科目必須/選択単位数
クリニカル・トランスレーショナルサイエンス研究Ⅰ必修1
クリニカル・トランスレーショナルサイエンス研究Ⅱ必修4
※所属する研究分野(クリニカル・トランスレーショナルリサーチ)が開講する特別研究科目を履修する。研究分野は、入学出願時に選択する必要があります。

修了要件及び履修方法

基礎教育科目9単位(必修)、専門教育科目から16単位以上(必修科目有)、特論科目2単位(必修)、研究指導科目5単位(必修)、計32単位以上を修得し、必要な論文指導を受け、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。