MENU
教育Education

コース紹介

公衆衛生学コースの取得学位変更について(20222年4月入学より)

 修士(公衆衛生学)(Master of Public Health: MPH)は、欧米では100年以上の歴史があり、近年、日本でも各地の基幹大学にMPHコースが設置され、MPHを取得できる大学院が増えています。現代社会における保健・医療分野等の新たな課題の解決や質の高い臨床研究・医療研究を推進するためには、公衆衛生に関する共通の体系的な知識と技能を有する人材が求められており、MPHに対する期待は今後益々大きくなることが予想されます。
 本学大学院医学研究科医科学専攻(修士課程)では、2022(令和4)年4月入学者から公衆衛生学コースの学位プログラムを修了した者に対して、国際通用性の高い修士(公衆衛生学)(Master of Public Health: MPH)を授与することといたしました。

※医科学コース・データサイエンスコース・ヘルスコミュニケーションコースの修了者に対しては従来通り「修士(医科学)」が授与されます。
※2021年4月以前の公衆衛生学コース入学者は従来通り「修士(医科学)」が授与されます。

修士課程コース・プログラム紹介

本学大学院医学研究科修士課程は目的に合わせて4つのコース・6つのプログラムから選択可能です。選択するコース・プログラムによって、取得できる学位が異なりますので、ご注意ください。
(※2022年度入学者より、公衆衛生学コースで取得できる学位は修士(医科学)から修士(公衆衛生学)へと変更となります。)

医科学コース

取得学位修士(医科学)

公衆衛生学コース

取得学位修士(公衆衛生学)

データサイエンスコース

取得学位修士(医科学)

ヘルスコミュニケーションコース

取得学位修士(医科学)