MENU
入学Admission

学費・奨学金

学費

本学では質の高い教育カリキュラムを行っており、それは医師国家試験合格率にも表れています。しかしながら、6年間の学費総額は2,080万円とし、初年度の学費290万円においては全国私立医科大学31校中、最も安い学費となっています。
費目区分1年次2年次以降特待生
1年次2年次以降
入学金200万円200万円
授業料70万円200万円免除100万円
施設設備費20万円86万円免除
教育充実費0円72万円免除
小計290万円358万円200万円100万円
6年間合計290万円+358万円×5年間=2,080万円200万円+100万円×5年間=700万円
  • 初年度のみ全寮制のため、別途「寮費・諸会費」がかかります。
  • 入学金・学費の詳細については、医学部学生募集要項を必ずご確認ください。

奨学金

本学では、次のとおり特徴的な奨学金制度があります。

学費減免特待生制度

要件医学部入学試験において、学力試験および人物識見が極めて優秀な合格者
学費減免・期間1年次は入学金200万円のみとし、授業料・施設設備費・教育充実費(計90万円)を免除します。
2年次から6年次の学費は各年100万円とします。
6年間の学費総額は700万円となり、減免額は1,380万円になります。
(減免額は在学時の学業成績に応じて変更となる場合があります)
対象者数一般選抜A方式合格者の成績上位10名

基礎医学研究者養成奨学金

要件基礎医学研究者養成奨学金は、将来、研究医を志す学生の支援を目的とした奨学金制度です。

基礎研究医養成プログラムについて
基礎研究医養成プログラムでは、本学医学部で医師となるための通常のカリキュラムと並行して、基礎医学研究者養成の観点から卒前・卒後(大学院)教育を一貫して見通した特別コースを設けることで、将来の医学界を担う医学研究のエリートを育成します。
研究活動は、昼休憩時間・放課後・長期休暇などを有効に利用し、医学部授業と両立させて行います。そして、6年間のカリキュラム終了後、医師国家試験に合格し、医師免許を取得したら基礎系大学院へ進学します。大学院では、海外留学コースまたは初期臨床研修を並行して行うコースなどから選択し、4年間で博士号の取得を目指します。博士号を取得後、本学の教員(助教/特任助教)として採用され、奨学金貸与期間と同年数を本学医学部にて研究を継続することで、奨学金の返還が全額免除されます。
本プログラムにより、本学からの医学・医療の進歩に寄与するグローバルな研究医の輩出を目指しています。
対象者①研究医特別選抜の入学者(2名)
②入学後に基礎研究医養成プログラムの特別コースに進み、4年次以降に希望した者
貸与額月額10万円
(①1~6年次および大学院修了まで,②4~6年次および大学院修了まで)

国際臨床医・研究医養成外国人学生奨学金

要件国際臨床医・研究医枠選抜の外国人選抜で入学し、奨学金給付を希望する外国人学生
給付額月額10万円(最長72ヶ月以内)
対象者数5名

東京都地域医療医師奨学金(特別貸与奨学金)制度

要件東京都地域枠選抜の入学者
貸与額修学費:2,080万円(本学の入学金、6年間の授業料・施設設備費・教育充実費の全額)
生活費:月額10万円
6年間総額(修学費+生活費):2,800万円
対象者数10名

新潟県医師養成修学資金貸与制度

「重点コース(順天堂大学医学部『新潟県地域枠選抜』入学生枠)」
要件新潟県地域枠選抜の入学者
貸与額月額30万円
6年間総額:2,160万円
対象者数2名

千葉県医師修学資金貸付制度

要件千葉県地域枠選抜の入学者
貸与額月額20万円
6年間総額:1,440万円
対象者数5名

埼玉県医師育成奨学金(指定大学奨学金)制度

要件埼玉県地域枠選抜の入学者
貸与額月額20万円
6年間総額:1,440万円
対象者数7名

静岡県医学修学研修資金制度

要件静岡県地域枠選抜の入学者
貸与額月額20万円
6年間総額:1,440万円
対象者数5名

茨城県地域医療医師修学資金貸与制度

要件茨城県地域枠選抜の入学者
貸与額月額25万円
6年間総額:1,800万円
対象者数2名

修学援助基金

在学中、学費負担者に不慮の事故等があり、学費の支弁に困難が生じた場合、医学部保護者会等から修学援助金が支給されます。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

日本学生支援機構による奨学金制度です。入学後に説明会が行われます。詳しくは、日本学生支援機構Webサイトをご覧ください。